load
立川市で交通事故の法律相談は、あけぼの綜合法律事務所へ

弁護士に依頼するメリット

弁護士に依頼する3つのメリット

(1)「後遺症は一生、交渉は一時」

ある日突然、交通事故に遭い、後遺症を負って、それを治療しながら、相手方と交渉することは、心身共に苦痛をともないます。しかも、相手は加害者の加入する保険会社の交渉員。数々の交渉を乗り切ってきたプロフェッショナルです。交渉が面倒になってしまい、相手方の提示してきた金額をそのまま了承してしまう方も少なくありません。
しかし、相手方の提示する金額は決して妥当ではないことが往々にしてあります。「後遺症は一生、交渉は一時」です。一生付き合っていかなければならない後遺症を負ってしまったわけですから、一時の交渉の場面で妥協してはいけません。
弁護士に依頼すれば、あなたに代わって交渉を引き受けますので、治療に専念することが可能です。まずは一度あけぼの綜合法律事務所へご相談ください。

(2)慰謝料の3つの基準:自賠責基準、任意保険会社基準、裁判基準

慰謝料には、3つの基準があります。

(3)保険屋さんは加害者の味方です

加入の代理店や保険会社の説明には、しばしば間違いや誤解、そして大嘘が混じります。
「弁護士特約は保険会社の紹介する弁護士でないと適用できない」「弁護士特約は、揉めないと使えない」……これらの言葉を信用しないでください。保険会社は被害者の味方ではありません。
保険会社のシステムでの解決は、「大量」「迅速」「定型的」「軽微」と表現できますが、現実には、「非定型」「重大」で「深刻」な人身賠償事案も多く、具体的・個別的解決は、「大量」「迅速」「定型」には、馴染みません。あけぼの綜合法律事務所は、必ずあなたの味方となって、法律のプロとして戦います。

弁護士と依頼者はパートナーです

依頼者の方は、弁護士に依頼する以上、いろいろなことを期待されるでしょう。しかし、依頼者と弁護士は対等なパートナーだと考えています。当然、事実関係は依頼者にしかわかりません。一方で、弁護士は法律のことをよく知っています。その二者の協力がなければ紛争を解決することはできません。最善の解決を、ともに目指していきましょう。

pagetop