load
立川市で交通事故の法律相談は、あけぼの綜合法律事務所へ

人身後遺症

後遺障害の等級申請について

後遺障害とは、事故による負傷が完治せず、なんらかの障害として残ってしまうことです。その負傷に完治の見込みがあるかどうかを判定するのは、一般的には事故後6ヵ月程度が目安とされています。
後遺障害の等級申請には、保険会社に手続きを任せる「事前認定」と、被害者自身で申請を行う「被害者請求」の二つの方法があります。

事前認定

交通事故により受傷し、継続的な治療を必要とする場合、相手方の任意保険会社が自賠責分も立て替えて支払う「一括払い」のケースが多くあります。一定期間治療をしたけれども、後遺症が残ってしまった場合、一括払いをしている任意保険会社が一括払いの流れのまま後遺障害等級の認定手続きも行います。これを「事前認定」と言います。
事前認定は任意保険会社がすべてやってくれるので、被害者は自ら書類や資料をそろえる手間がかかりませんので、大変便利です。しかし、保険会社担当者が被害者に適正な等級が認定されるよう、積極的にアドバイスしてくれたり、書類の不備、検査の不足を指摘してくれることはありません。

被害者請求

「被害者請求」は、被害者の側から直接自賠責保険会社に対して、後遺障害等級認定を申請する方法です。被害者請求は被害者側から直接自賠責保険に請求する分、被害者側が自ら書類や資料をそろえる手間が発生します。
しかし、その分、適正な認定がなされるよう、自らの立証責任を果たすことができます。法律の専門家である弁護士に依頼すれば、提出資料の内容を精査した上で申請することも可能です。

事前認定と被害者請求、どちらの方法でも、損害保険料率算出機構(自賠責損害調査事務所)が書面で定型的に判断します。そのため、提出書類や資料が同じであれば、同じ等級が認定されます。
しかし、むちうちやRSD、高次脳機能障害など、他人の目には見えにくい後遺症は数値化・可視化が難しく、ただ手続きをしただけでは適正な等級が認定されないこともしばしばあります。
認定された等級に不満があれば、異議申し立てが可能ですので、少しでも疑問に感じることがあれば、まずはあけぼの綜合法律事務所へご相談ください。

pagetop